20代男性 奥歯の虫歯で神経をとった歯を温存的に(歯をあまり削らず)セラミックで治した例

  • ホーム
  • ブログ
  • 20代男性 奥歯の虫歯で神経をとった歯を温存的に(歯をあまり削らず)セラミックで治した例

治療前
治療前

治療後
治療後

ご相談内容 下の一番奥歯に痛みがある。なるべく削らないで治したい。
診断結果 虫歯が神経まで及んでいる。
通常では大きく削って被せ物が必要。
治療内容 ・歯の神経の治療
・ファイバーポスト(歯の補強)
・プレスセラミックテーブルトップ(歯を削る量が少ないセラミック)
治療期間 3回(1ヶ月)
費用 10万円
治療のリスク 場合によっては噛むと痛みが出ることもあります。


神経の治療中です。細菌の侵入を防止するためにラバーダム防湿を行っています。


歯を削る時でさえラバーダム防湿をすることは重要になります。
削った面に細菌が侵入するとセラミックの接着力の低下や虫歯になりやすくなってしまうためです。


セラミックを接着しています。
セラミックの接着の厳密さはセラミックの寿命に大きく関わってきます。
アメリカではこのラバーダム防湿をせずにセラミックが外れた時は裁判で歯科医師が敗訴するほど重要視されています。
当院では当たり前のようにラバーダム防湿をしてセラミックが長持ちするようにしています。