60代女性 金属をはずして全て白い歯(セラミック・ダイレクトボンディング)で審美的に治したメタルフリー治療

  • ホーム
  • ブログ
  • 60代女性 金属をはずして全て白い歯(セラミック・ダイレクトボンディング)で審美的に治したメタルフリー治療

治療前
治療前

治療後
治療後

ご相談内容 左上奥歯の治療が途中になっている、白い歯できれいに治したい。
診断結果 根の治療が途中になっていて、古い金歯も虫歯になっている状態。
治療内容 歯の神経の治療(2本)
ダイレクトボンディング(2本)
オールセラミック(7本)
テーブルトッププレスセラミック(1本)
治療期間 約6ヶ月
費用 約100万円(合計10本の治療)
治療のリスク 治療期間が長期に及ぶためご協力が必要になります。

この患者様は歯の神経の治療が途中になっていることと、古い金歯やセラミックが虫歯になっていたので全て白い歯で治療することになりました。
治療した歯が長く持つようにオールセラミック、ダイレクトボンディング、テーブルトッププレスセラミックを組み合わせて治療をすることとしました。
治療前と治療後で口の中の明るさが明らかに変わっているのがわかると思います。
見た目も綺麗でちゃんと噛めるとのことで患者さんも大喜びしていました。

治療前
治療前

治療後
治療後

治療後

治療後

治療後

治療前

治療前

治療前


歯の神経の治療(根管治療)はラバーダム防湿を行って細菌が侵入しないように配慮することが治療の結果を大きく左右します。


セラミックの型取りはシリコーン印象で行っています。寸法変化が少ないためより精密なセラミックを作成するためには不可欠な方法です。


テーブルトッププレスセラミックの接着をコンポジットレジンにて行っています。ラバーダム防湿と併用することで最大の接着力を発揮します。


歯垢(プラーク)の染め出しを行いました。セラミックが装着されているところだけプラークが付着していないことがわかります。
セラミック表面にはプラークが付着しにくいことがこの写真からわかると思います。つまり虫歯になりにくいことが示唆されます。