30代女性「すきっ歯を治したい」 即日で歯を削らずにダイレクトボンディングにて埋めて、綺麗に白く治した審美症例

  • ホーム
  • ブログ
  • 30代女性「すきっ歯を治したい」 即日で歯を削らずにダイレクトボンディングにて埋めて、綺麗に白く治した審美症例


治療前


治療後

ご相談内容 前歯の隙間が空いている
すきっ歯を治したい
診断結果 正中離開(前歯のすきっ歯)
治療内容 左右の中切歯(一番前の前歯)の隙間が空いている箇所にダイレクトボンディング(審美的な白い詰め物)を接着して隙間を埋める
歯はほとんど削らずに治療しました
歯の形が四角くなりすぎないように、尚且つ色も自然で詰めた後が分からないように治しました
治療期間 1日
費用 7万円(税別) 2本の治療費
治療のリスク 奥歯の噛み合わせが良くなかったり歯槽膿漏があるとまた隙間が空いてくることがあります

治療当日


1週間後



治療当日に真ん中の隙間を全て埋めるように詰め物をしてしまうと歯の形が四角くなってしまい審美的で自然な見た目にならなくなってしまいます。
そのために当日はわざと隙間を作り歯肉(歯茎)が入り込むスペースを作ります。
1週間後には当日にあった真ん中の黒くなっていた部分に歯肉が入り込みとても自然な見た目になっています。この歯肉の動きをクリーピングと呼びます。
このクリーピングを有効活用すると歯肉の形を多少は変えることができます。
また今回の治療はほとんど歯を削らずに治すことができます。
セラミックの場合は歯の表面を削ってセラミックの厚みを確保して治療をしなければなりませんが、今回のダイレクトボンディングは歯をほとんど削らずに即日で治療が可能です。