インプラント

インプラントとは?どのような治療法?

インプラントとは

インプラントとは、厳密には人の身体に埋め込む人工物のことを言います。歯科診療に用いられるインプラントは、「デンタルインプラント」と言いますが、近年は歯科におけるインプラント治療が一般的になっており、単にインプラントと呼ぶことが多くなっています。(当サイトでも「インプラント」としています。)

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法です。従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。「インプラントと差し歯は何が違うの?」という方も少なくありませんが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療であり、インプラントは抜歯が必要になった時(歯根がない)に行う治療法です。

インプラント治療と従来の治療

インプラント治療と従来の治療

歯を1本失った場合、インプラントでの治療を行わない対処として、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。奥に歯がない場合は、金属製のバネで入れ歯を支えます(部分入れ歯)。

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。

歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯が移動してしまうため、保険治療で作った義歯は、使っている間に合わなくなってくるため、作り直す必要が出てきます。

また今まで歯科で治療を受けている方は気がつくかもしれませんが、歯医者に来て治療をする歯は大体が過去に治療をした歯です。一度も治療を受けたことがない歯はあまり治療をしない事に気が付きませんでしょうか?一度手をかけた歯はそれだけで虫歯のリスクが上がるのです。ブリッジは両隣の歯を削りますし、入れ歯も両隣や他の部分も削ります。インプラント治療では歯を削る事はないので他の歯の虫歯のリスクを減らすことができます。

インプラント治療は独立した歯を植立するため、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、インプラントを通して力をかけることができますので、骨の変形も少なくなることが知られています。

インプラントで噛む力を受けることによって残された歯の負担する力を少なくすることもでき、結果残った歯の寿命を延ばす事ができます。

また義歯をお使いになっている方でどうしても痛みが取れない方もいます。

その原因として義歯を支える歯茎の形が悪く噛み合わせの力に耐えきれなくて痛みが出ている事も考えられます。しかしそこを全てインプラントにすると金銭的にかかってしまうので悩まれる方も多いと思います。その様な場合はインプラントに被せ物を入れるのではなく、インプラントで義歯を支える様な『アタッチメント』というものを使って費用を抑えることもできます。工夫することによって少ない本数で成果を上げられることも多いです。

インプラントでは減ってしまった歯茎や骨は外科処置をして増やします。この処置をしないと時としてとても長い形の歯を入れないといけなくなってしまうこともあります。そうなると見た目と発音や食べ物が挟まってしまうなどの問題が出てくることもあります。この問題を簡単に解決する方法があります。インプラントを支えとした義歯を入れることです。義歯は減ってしまった歯茎を簡単に再現してくれます。外科処置をそこまで積極的にしたくない人にもインプラントを支えとした義歯、インプラントオーバーデンチャーはオススメです。

この様にインプラントといっても色々な治療の選択肢があります。簡単にいうと適材適所だと思われます。お口の中はなくなったところを補うだけではなく上顎と下顎の噛み合わせの力のバランスを見る必要があります。そういったところもご相談できれば患者様ひとりひとりにあった治療計画が考えられると思います。

近年、インプラント治療の技術も進歩し、歯科治療では歯の欠損における有効で自然な治療法として確立しています。残っている歯を大切にして将来に多くの歯を残したい方に、インプラント治療をおすすめしています。

インプラント治療の完了と治癒期間の目安

インプラント治療は、ブリッジや入れ歯とは異なり、数か月かけて行われます。

歯ぐきの治癒やインプラントと骨の結合を確認するため、早くても治療期間は全行程を終えるまで数か月、手術内容や術式方法によっては半年以上かかります。

治療期間は、手術前の骨の状態なども関係するため、当院では、ご自身の場合はどのくらいの期間がかかるのか、検査を行ったうえで事前にご説明しています。

インプラントの無料相談は可能な治療法や大まかな治療期間、費用についてお話しています。CT検査をしっかり行った上で治療計画の細かい立案を致します。お気軽にご相談ください。