【50代女性】前歯の被せ物をオールセラミックで自然に治した例

治療前
治療前

治療後
治療後

患者 50代女性
主訴 歯周病の治療と一緒に前歯の目立つ歯を自然に治したい。
黒くなった歯茎が気になる。
診断結果 最初は健康保険の被せ物が装着されていました。色、形、表面の質感全てが元々の歯と異なっています。また歯茎が下がり黒い歯根が目立っています。
治療内容 被せ物を外し、仮歯作成。歯周病の治療をして歯茎が落ち着いたら型取りをしてオールセラミックを装着。
治療期間 1ヶ月半、治療回数4回(歯周病の治療は別にかかります)
費用 13万円
治療のリスク 歯を削った日や型取りの日の後は3日ほど少しだけ痛みを感じることもあります。

生体模倣をすると表面の質感は様々であることがわかります。ただ単にツルツルにしてしまうと自然観が出なくなってしまいます。

形態学から全ての歯の形を一緒くたにしてしまうと必ず違和感が出てしまいます。人の歯は不自然な形をしていることもあり、それを表現することも大切です。

歯の色はシェードガイドを言う色見本を参考にします。しかし歯の色は透かして見るとわかる通り様々な色がいろんな箇所に配置されています。
細かい色のレシピで写真の色合いを再現してもらっています。