【50代男性】痛くて取れやすい入れ歯をコーヌステレスコープデンチャーを用いて審美的によく噛めるようにした例

  • ホーム
  • ブログ
  • 【50代男性】痛くて取れやすい入れ歯をコーヌステレスコープデンチャーを用いて審美的によく噛めるようにした例

治療前
治療前

治療後
治療後

主訴 上の入れ歯がとても取れやすい。上下ともに痛くなりやすい。
診断結果 歯茎がとても痩せていて上の入れ歯がとても取れやすい。
残った下の歯が歯周病で揺れている。
治療内容 最初は仮歯(治療用義歯)を用いて入れ歯の安定する理想的な形を探す治療をする。
上顎は総義歯、下顎はコーヌステレスコープデンチャーで最終的な義歯を作成。
治療期間 約1年間(歯周基本治療、根管治療を含んだため)
費用 110万円
治療のリスク 歯を削った日や型取りの日の後は3日ほど少しだけ痛みを感じることもあります。

下の入れ歯は歯が抜けても簡単に修理できるため長く使用してもらうことが可能。
バネも必要ないため審美的な見た目を獲得できます。

歯軋りをしても入れ歯の揺れがありません。
噛み合わせや入れ歯の形を工夫することによって揺れを無くしました。

治療回数は増やすことなく、苦痛が少ない型取りを何度も繰り返して入れ歯の精度を高めました。