【60代男性】次第に出っ歯になった前歯をセラミック(白い歯)を用いて噛み合わせと審美性を回復した例

  • ホーム
  • ブログ
  • 【60代男性】次第に出っ歯になった前歯をセラミック(白い歯)を用いて噛み合わせと審美性を回復した例

治療前
治療前

治療後
治療後

主訴 何度も前歯が取れる。出っ歯になってきた。
診断結果 下の前歯が挺出(上に伸びて)きて、上の前歯へ力が強くかかっている状態。
力が強くかかっているのでフレアアウト(出っ歯)になり被せ物が何度も外れたと考えられる。
治療内容 上下前歯12本をセラミックの被せ物で治療。
下の前歯をクラウンレングスニング(歯の長さを変える手術)にて治療。
治療期間 約6ヶ月
費用 170万円(セラミック12本、クラウンレングスニング)
治療のリスク 歯がしみたり、噛んだ時の痛みが出ることもあります。

咬合平面(歯の平面)が綺麗に揃っている状態。
咬合(噛み合わせ)を治すとセラミックの長持ちと奥歯の健康の維持が期待できる。

下の前歯が奥歯に比べて挺出(上に伸びて)しているのがわかる。
上の前歯へのダメージが心配される咬合(噛み合わせ)。

上に伸びてしまった歯の長さを調整するためにクラウンレングスニング(歯冠長延長術)を行った。
歯の長さを変えるだけではなくセラミックが外れにくくなる効果もある。