60代女性 銀歯と保険の白い歯(CAD/CAM冠)の虫歯をセラミックで綺麗に噛み合わせも治した例

  • ホーム
  • ブログ
  • 60代女性 銀歯と保険の白い歯(CAD/CAM冠)の虫歯をセラミックで綺麗に噛み合わせも治した例

治療前
治療前

治療後
治療後

ジルコニアセラミックは適合精度が高く表面に汚れもつきにくいため虫歯のリスクが低い。噛み合わせも改善できている。

ご相談内容 被せ物したところが虫歯になっている。綺麗に治したい。
診断結果 銀歯が入っている歯と保険の白い歯(CAD/CAM冠)が虫歯(二次カリエス)になっている。噛み合わせもちゃんと噛んでいない。
治療内容 虫歯を削り、噛み合わせを治すためにジルコニアセラミックを被せて治療する。
治療期間 3回
費用 18万円
治療のリスク 歯を削った日や型取りの日の後は3日ほど少しだけ痛みを感じることもあります。

治療中

ジルコニアセラミックを歯に接着する際にしっかりとラバーダム防湿をして最大限の接着力を発揮する事で更に長持ちするようになります。

・シリコン印象材で正確に型取りしている
・保険治療で使用されるアルジネート印象材より被せ物の精度が高くなる
・より虫歯になりにくくなる