60代女性 食事の時に入れ歯が安定せず痛くなってしまう。審美的によく噛める入れ歯(精密義歯)を作成した例

  • ホーム
  • ブログ
  • 60代女性 食事の時に入れ歯が安定せず痛くなってしまう。審美的によく噛める入れ歯(精密義歯)を作成した例


治療前


治療後

ご相談内容 上の入れ歯がとても取れやすい。痛くて噛めない。
診断結果 歯茎がとても痩せていて上の入れ歯がとても取れやすい。
入れ歯が外れやすい噛み合わせをしている。
治療内容 初診時に使用していた入れ歯を修理。その時点で外れにくい良く噛める入れ歯にする。
修理して改善した最初の入れ歯を新しい入れ歯として複製して作成。
治療期間 約半年間
費用 60万円
治療のリスク 外れにくいのには個人差があります。完全に外れないものはインプラント併用をお勧めします。

この患者様は歯茎に穴が空いているため特殊な形をしている。歯茎の色もきれいに再現されている。見た目も良く、しっかりご飯が食べられる入れ歯。

治療前

 
歯軋りをすると上の入れ歯がガタガタ動いてしまっている。
またカチカチ噛むだけでも入れ歯が外れかかっている。 これでは食事もしにくく痛みが出てしまう。

治療後

 
歯軋りをしてもカチカチしても上の入れ歯が全く動かない。
安定した入れ歯は良く噛むこともでき、食事が楽しくなります。