30代男性 前歯の白い詰め物(レジン)が不適合になっているのをダイレクトボンディングで審美的に治した例

  • ホーム
  • ブログ
  • 30代男性 前歯の白い詰め物(レジン)が不適合になっているのをダイレクトボンディングで審美的に治した例

治療前                                                                                                                                                        治療予定の歯

治療前

治療後

治療後

ご相談内容 前歯の詰め物に色がついてる。結婚式までにきれいにしてほしい。
診断結果 両方の糸切り歯(犬歯)の詰め物が不適合になって、段差から二次カリエス(虫歯)になっている。
治療内容 シェードテイキング(色合わせ)をした後にダイレクトボンディングにて審美的に形と色を合わせて修復する。
治療期間 3回
費用 70,000円(2本)
治療のリスク 外れにくいのには個人差があります。完全に外れないものはインプラント併用をお勧めします。

色合わせの写真です。人間の目は明度と言われる色の明るさと暗さに敏感に反応します。そこで候補のレジンを治療予定の歯につけて写真を白黒に加工します。

シェードテイキング(色合わせ)

 

画像を編集し候補のレジンの画像を切り取り、治療予定の歯に当てはめて色がマッチしたものを実際の治療でも使います。動画のように事前にシミュレーションをしているので1回で色が完全にマッチします。