60代女性「前歯の噛み合わせと歯の長さを治したい」 セラミックにて短期間で審美的に噛み合わせを治した症例

  • ホーム
  • ブログ
  • 60代女性「前歯の噛み合わせと歯の長さを治したい」 セラミックにて短期間で審美的に噛み合わせを治した症例


治療前


治療後

ご相談内容 「前歯の噛み合わせが一部分おかしく、歯の長さも綺麗にしたい」とご相談いただきました。
診断結果 診察したところ、歯の位置の異常、反対咬合と診断しました。
右上の2番目(側切歯)の位置がずれて反対咬合になっていて、さらに上の歯が奥にあるせいで歯の長さが短く見えている状態でした。
また通常と反対の噛み合わせにより顎が正常に動かせず、奥歯にダメージも加わっていました。
治療内容 噛み合わせと審美性の回復のために、右上2番目と右下2番目のセラミック治療を計画しま した。
そのため、根管治療(健康保険)、歯肉切除、ファイバーポスト(根管治療完了後、根管内に入れる芯棒)、ダイレクトボンディング、オールセラミッククラウンでの治療を行いました。
治療期間 5回
費用 27万4千円(税別)
内訳:ファイバーポスト2本、精密印象2本、オールセラミック2本
術後の経過・
現在の様子
噛み合わせ、審美性ともに患者様にご満足いただけています。
治療のリスク 型取りの後、一時的に歯肉に痛みが出ることがあります。

すきっ歯の改善

過去の症例ブログでも掲載していますが、上の真ん中のすきっ歯はダイレクトボンディング治療により審美的に回復しました。

自然な色合いのセラミック

日本ハムファイターズの新庄監督のように大部分がセラミックの場合は色を統一できますが、今回のように部分的なセラミックの場合は周囲の歯との色の調和がとても重要です。より白くではなく、あくまで生体模倣をすることが大切です。

長さを揃える

今回、右上2番目の歯は単にセラミックを被せるだけでは歯の長さを揃えることができませんでした。そのため、歯茎と歯を支えている骨を切除しました。大掛かりにはせずに簡易的にできる方法を採用したため、患者様の負担も最小限で済みました。

気張らない自然観のある審美

自然であることが最も美しいと考えて治療にあたっています。そのため、気張りすぎず、誰にも気が付かれず、それであって綺麗な歯を目指した治療により、患者様にもとてもご満足していただいています。